大木聖子研究会(『防災社会デザイン研究会』)は、”Re Design BOSAI” をキャッチコピーに防災の研究を行っています。

主に地震現象(揺れ・津波・火災など)による災害の軽減方策を、防災教育や災害科学コミュニケーション等のソフト面から探究しています。

また、地球科学の基礎を学び、大地の理を理解して、自然と共存していくための科学コミュニケーションも行っています。

関心のある方はメールにてご連絡ください。

研究内容

  • 防災教育の実践、理論、調査(子供や大人、外国人など対象はさまざま)

  • 地区防災計画の実践

  • 災害のリスク・コミュニケーション

  • 科学コミュニケーション

授業曜日

  • 研究会:火曜4・5限(研究会A)

  • 「地球システム」:春学期前半 火曜2・3限

  • 「社会安全政策(防災)」:春学期後半 火曜2・3限

  • 「地球システム設計論」:秋学期前半 火曜2・3限

  • 「社会安全政策(防災)」:秋学期後半 火曜2・3限(GIGA科目)

​(その他、プロジェクトやイベントなどに合わせて課外活動あり)

実践を通した研究活動を行っているので,それらに積極的に参加できる方に研究会に来ていただきたいと思っています.具体的には,幼稚園・小学校・中学校・高校などでの防災教育授業の実践,ワークシート作り,アンケートの作成と調査・解析,あるいは活断層などのフィールドワーク(巡検),巡検後のまとめと解説サイトの作成,地域に根ざした防災イベントの実践などです.参加前から,あれも違う,これも違うと自分で限界を決めてしまって不参加でいると,どんどん周囲から遅れを取ります.これらの実践は研究会以外の日の活動になるので,他の授業や補講,サークル活動などと折り合いをつけるのが難しいかもしれませんが,これまで殆どの人がなんらかの課外活動に参画できています.物理的な時間があるかどうかよりも,参加したい,という気持ちを持っているかどうかを大切に検討してみてください.

もうひとつの重要な活動として,継続審査を兼ねて半期ごとに「5000字課題」を提出してもらっています.大木研究会では,研究の実践だけではなく,きちんとした文章を作成する力とプレゼンのスキルを身に付けてもらいたいと思っています.伝えたいことがあって,それが最も伝わるように練られた構成があって,日本語として文法的に成り立っている,そういう文章の書き方やプレゼンの仕方を(小手先のテクニックとしてではなく)学んでいきます.その学びを生かしつつ,半年間で経験した活動とそこからの考察をまとめたり,今後の自分の研究テーマを支える分野をレビューしたり,実際に調査を行って解析結果から考察したりしたことを5000字にまとめます.それらを積み重ねて卒業プロジェクトとすることも可能です.

以上を踏まえた上で,震災によるあのような悲劇をもう二度と起こしたくない,災害のない未来に向けて自分が具体的に寄与したい,そんな想いの人,ぜひお声掛けください.一緒に研究していきましょう.

FAQ

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 大木聖子研究室