慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 大木聖子研究室

富士総合火力演習

August 20, 2015

8月20日。

雨の降るなか、私たちが訪れたのは、陸上自衛隊の東富士演習場。

 

 

 

ここでは毎年8月頃に、「富士総合火力演習」(通称、そうかえん)と呼ばれる大規模な公開演習が行われます。

今年、大木研もその公開演習を見学することになり、はるばる静岡県御殿場市まで行って参りました。

 

 

 

初めて間近で見る戦車。

そこから放たれる、実弾。

私はこの日、生まれて初めて「衝撃波」というものを目にしました。

音も凄まじく、手で耳を塞いでも射撃音が鮮明に聞こえるほどです。

 

あまりの迫力に、私たちは皆圧倒されました。

 

この強力な武器たちが、実戦で使用される日が来ないことを祈っています。

しかし、ただ目を背けながら祈るのではなく「自分の目で見て、学んで、考える」ということの大切さを感じた1日でした。

 

来年8月もおそらく行われる富士総合火力演習、皆さんもぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

夏の終わり、花火大会50回分くらいの迫力を味わえるはずです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

大木研初の博士課程に進みました(永松)

September 23, 2019

1/2
Please reload

最新記事