慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 大木聖子研究室

外国人観光客起震車体験@秋葉原

July 1, 2017

 

 

 

7月1日、秋葉原にて、未来メディアプロジェクトさん

主催の防災イベントのお手伝いをしました。通りがかりの

訪日・在住外国人の皆さんに、起震車に乗ってもらい、

その感想を聞き出したり、防災について話し合ったりしました。

 

当日用意してあった起震車は震度3から震度6までの揺れを

体験できるもので、それに乗った観光客の皆さんは驚かれていました。

とあるドイツ人の男性に感想を聞いてみると、本当にあれだけの

地震が来たらこわいけど、どうすれば良いか正直分からないと

言ってました。もう一人の南米からの体験者は災害は怖いが、

私達が日本に滞在している期間中に起きるとは思わない

と言っていた方もいました。イベントに参加して下さった

40名ほどの観光客全員に聞いてみたものの、

一人としてちゃんと防災対策をしている方はいませんでした。

 

日本政府観光局によると、2017年の1月から7月の間だけ

で訪日外客数はおよそ1643万人ほどです。

これだけの観光客が日本に来ていると考えると、

ちゃんと外国人観光客に向けた防災政策が必要だとおもいます。

国民を守る防災も大切だけど、訪日・在住外国人の皆さんを守る

防災も同じくらい重要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

大木研初の博士課程に進みました(永松)

September 23, 2019

1/2
Please reload

最新記事