慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 大木聖子研究室

新規生歓迎会

October 2, 2018

10月2日(火)に新入生歓迎会を開いていただきました!場所は私の大好きな「八十の別家」でした。しかも大木研のイベントでよく使われるんだとか!嬉しい!

 

    以下新規生三人のコメントです。

 はじめまして。今期から大木研に参加している吉田菜々帆です。

私なんと3秋で新規生になりました。周り(特に下級生)からしてみればかなり扱いづらいだろうなぁと思います…笑 

なのに受け入れていただいて感謝しかないです。これからよろしくお願いします!

新規生は1年生1人、2年生1人、3年生1人の計3人です。学年は違えど同じセメスターとして一緒に切磋琢磨していきます。
また、新規生以外にも今期から慶應義塾大学SFC研究所上級所員としてSFCに戻られた冬青さんや、早稲田から来てくれる長田くん、また岩堀さんも参加してくれました。
美味しいご飯や気さくな皆さんに囲まれて緊張もほぐれ、楽しい時間を過ごすことができました。素敵でまっすぐな思いを持つ大木研メンバーについていけるよう、モチベーションが高まった1日でした!(吉田)

 

 

 もともととてつもなく興味を抱いていた分野、地学。その分野を大学で学べるなんて思っていなかった。1つ違うことは、今はその知識を防災という領域で活かせる大木研究会の一員であるということである。インプットしたものをアウトプットできる場に多く足を運び皆さんのように色々な場で活躍できる人間になりたいと思う。研究会の時間では、大木先生の熱弁やちょっとした余談は、思わず全部メモを取ってしまいたくなるくらい為になるものばかりで、更には2セメ以上の先輩方の知識量とその場その場の発言に毎回感心するとともに、来年私もこうなれるかな、こうなりたいなという憧れを持つようになり刺激をもられて非常に楽しいです。まずは皆さんに追いつけるよう精進していきたいと思ってます。よろしくお願い致します!(新井)

 

 

 

 新規生の歓迎会が開催され、参加してきました。始めは偉大な先生や先輩方に囲まれて非常に緊張していましたが、大木研ファミリーとでもいえるような温かさに終始、和ませていただきました。また、大木先生、先輩方は非常に優しく、個性豊かでかつ人と人とのつながりを非常に大事にされていると実感しました。素人目線ではありますが人の命を扱う分野である防災の研究をするということはまず、人と人の輪を広げていくようなものなのかなと歓迎会を通して考えさせていただきました。未知なことに多く出くわし、苦しいと感じる時が必ずくると思いますが、今日の日を忘れることなく研究会の一員になれたらいいなと決意を新たにしました。(友成)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

大木研初の博士課程に進みました(永松)

September 23, 2019

1/2
Please reload

最新記事