2021年度 第1回 全国「防災小説」交流会 in 愛南

スクリーンショット 2021-11-17 11.53.11.png

開催概要

 

第1回 全国「防災小説」交流会@オンライン

2021年11月17日(水)13:30-15:30

 

参加校

  • ​釧路市立音別中学校(北海道)

  • 能代市立能代東中学校(秋田県)

  • 川越市立霞ケ関西中学校(埼玉県)

  • 土佐清水市立清水中学校(高知県)

  • 愛南町立御荘中学校(愛媛県)

防災小説2.png

「防災小説」教材紹介

2016年11月に高知県土佐清水市の清水中学校で始まった「防災小説」は、翌年度には愛媛県愛南町内の中学校で実施されるようになりました。

 

首都圏においても2019年度から埼玉県川越市が取り組みを継続しています。北海道釧路市では2019年度に北海道教育大学釧路校の境智洋研究室の大学生が、その翌年度からは市内の中学校にて実施されるようになりました。秋田県では2020年度に能代東中学校が取り組みを始めました。


巨大な津波から逃れる物語や、過酷な寒さの中を避難する物語など、それぞれの中学生が、大切な家族や友人そして地域を想いながら綴る「防災小説」は、実に多様です。

 

いつしか、この中学生達を互いにつなぎたいと思うようになりました。他所の人に地域を紹介する視点があれば、わが町はまた違った見え方をすることでしょう。同じ思いで防災に取り組む中学生がいることを知れば。防災学習はまた違った意味を持つことでしょう。


このような想いに共感した学校が協力し、全国中学校「防災小説」交流会が開催される運びととなりました。コロナ禍であることをふまえ、オンラインでの開催です。何もかも初めてのことで試行錯誤しながらではありますが。この交流会から中学生が大切なものを見つけてくれたらこれほど嬉しいことはありません。

当日の様子

​​準備中

メディア掲載

​​随時追加予定